家の中に蜂が入ってきた!原因、対処法から予防策まで徹底解説

リビング

家の中に蜂が入ってきたら、「なぜ、どこから入ってきたのか」気になるのはもちろん、どのように対処すれば良いのか、どうすれば予防できるのかを知りたいと思う方も多いでしょう。

蜂が家の中に入ってくるのは入りやすい場所があるからであり、入りにくいように対策をすれば防ぐことが可能です。

今回は家の中に蜂が入ってくる原因をはじめ、入ってきた蜂への対処法や蜂の駆除方法、家の中に入ってこないための対策法、何度の家の中に蜂が入ってくるときの対処法などについて詳しく解説します。

家の中に蜂が入ってくる原因とは?

窓を締め切っているのに蜂が家の中に入ってきたとなれば、多くの方が「なぜ?」と疑問を持つのは当たり前のことだと思います。

しかし、蜂は私たち人間には考えつかないようなところから、家の中に入ってくるのです。

そこで、まずは蜂が侵入しやすい場所と、侵入経路について紹介します。

エアコン周辺

エアコンのまわりには意外にも蜂の侵入経路になりそうなところが多く、例えば、ダクトホースを通すために開けた壁の穴の隙間や、ダクトホースそのものにできた亀裂が侵入経路になることがあります。

ほかにも、エアコン使用時に発生する水を外へ排出するためのドレンホースや、室外機からダクトホースを経由して侵入するケースもあります。

こうした場所は基本的に虫などが入れないような構造になっているのですが、破損していたり不備があったりすると、機能が十分に発揮できないため蜂や虫などの侵入経路になってしまうのです。

換気口

空気の通り道である換気口は、特にスズメバチが入ってくる可能性が高い場所といわれています。

壁掛けタイプの換気口の場合は、プロペラの隙間から家の中に蜂が侵入してきます。レンジフードがあったとしても、内部のプロペラに隙間があると入ってこられるため、注意が必要です。

また、換気扇は蜂が巣を作りやすいスペースがあるため、家の中に蜂が入りやすいだけではなく、換気扇に巣を作られるケースも多くあります。

網戸やその周辺

網戸やサッシをしっかり閉めていれば蜂が入ってくることはないと思いがちですが、歪んだり壊れたりして隙間ができていることが案外多いです。

特に、網戸を動かすために使われているローラー状の戸車は、長年使っているとすり減ってくるため網戸の窓枠と高さがズレて隙間ができます。

その隙間が蜂の侵入経路になってしまうため、使用期間の長い網戸やサッシがある場合は一度チェックしてみるとよいでしょう。

また、網戸の窓枠そのものが変形して隙間ができていることや、網戸が破れていることが原因となり、蜂が家の中に入ってくることもあります。

屋根裏に通じる点検口

普段の生活では気にすることが少ないけれど蜂の侵入経路になっている場所が、屋根裏に通じる点検口です。

この場合一般的に考えられるのは、一度屋根裏に入った蜂が点検口の隙間から家の中に入るというパターンです。

しかも、屋根裏というのは蜂が過ごしやすい場所であるため、家の中に蜂が入ってくるからと調べてみたら、屋根裏に巣を作られていたというケースも多々あります。

洗濯物についてくる

晴れた日は洗濯物を外干しする方が多いと思いますが、外に干している洗濯物は、日中に活動しているスズメバチの休憩場所になることがあります。

そのため、蜂がいることに気付かず洗濯物を取り込んだことが原因となり、家の中に侵入されてしまうケースも多いのです。

特に夏場は蜂の活動が活発になり、攻撃性が高くなるため刺される危険性も高くなります。

また、光を反射しやすい白い洗濯物は蜂を寄せ付けやすいため、取り込む際は蜂がいないか確認するなど注意が必要です。

ここまで紹介してきたように、蜂が家の中に侵入するのを防ぐには、侵入経路になりそうな場所に破損がないかを確認し、破損していたら早めに修理するのがおすすめです。

家の中に入ってきた蜂はどう対処すればいい?

ミントとアロマオイルの瓶

もし家の中に蜂が入ってきても、人間側から刺激を与えなければ攻撃される可能性は少なくなるため、冷静に対処することが大切です。

部屋を暗くして窓を開ける

蜂が光に向かっていく性質を利用する基本的な方法は、「部屋を暗くして窓を開ける」というものです。

まずは開いている窓以外はカーテンを閉め、部屋の中を暗くしましょう。部屋の中の1ヵ所だけが明るい状態を作ってあげれば、明るい窓から外へ向かって出ていきます。

もし、外が暗いようであれば、懐中電灯や車のヘッドライトを外から窓に向かって照らすことで誘導しましょう。

なお、蜂が家の中に入った際は、大きな声や音を出して蜂を刺激しないことが重要です。

蜂は音に敏感なため、大きな声や音に反応して攻撃してくる危険性があります。蜂に刺されるのを防ぐためにも、慌てず冷静に対処してください。

蜂の苦手なニオイで追い出す

窓を開けても蜂が外へ出ていかない場合は、蜂の苦手なニオイを使って追い出します。

蜂が嫌うのは、蚊取り線香に使われているピレスロイド系の成分や、ハッカ油などの天然ハーブのニオイです。

窓から離れた場所で蚊取り線香をたいたり、水で薄めたハッカ油を散布したりすると比較的安全に蜂を外へ出ます。

ただし、蜂に向けて直接吹きかけてしまうと興奮して攻撃的になる危険性が高いため、蚊取り線香もハッカ油も窓から離れたところで使用し、蜂に直接かからないように注意してください。

虫取り網で捕まえて外に出す

「家の中に蜂が入ってきたなら、虫取り網で捕まえればいい。」と考える方もいるでしょう。

たしかに、虫取り網が手元にあるのならその方法でも対処はできるのですが、その場合は1回で捕まえることが重要です。

もし失敗すれば、危険を感じた蜂に反撃され、刺される危険性が高くなるため、虫取り網を使い慣れていないなら、やめておいたほうが無難です。

また、仮に虫取り網で捕まえられた場合でも、蜂に触ってしまうと刺される危険性があるため、直接触れないように注意して外へ逃がすようにしてください。

家の中に入ってきた蜂は、駆除するよりも外へ逃がすことを優先したほうが、刺される危険性が低くなります。

部屋を暗くしたり蜂が苦手とする香りを使い、怪我のないように注意しながら対処してください。

家の中に入ってきた蜂の駆除方法と注意点

缶スプレー

家の中に入ってきた蜂を外へ逃がすのではなく、しっかり駆除したい場合はどのような方法があるのでしょうか。

また、どのような点に注意すれば良いのかも併せて紹介します。

駆除する方法

1.まずは蜂に刺されないよう準備する
蜂を駆除する際は防護服と殺虫スプレー、虫取り網を用意してください。

防護服は蜂から自分の身を守るために必要なものですが、なければ白い服を着ることで代用できます。

なお、洋服は肌の露出が少ない厚手の長袖、長ズボンを身に着けるようにしましょう。

2.ピレスロイド含有の殺虫スプレーを使用する
蜂専用の殺虫スプレーもありますが、ご自宅になければピレスロイド含有の殺虫スプレーで代用できます。

蜂から1~2mほど距離を取り、殺虫スプレーを数十秒~1分ほど続けて直接蜂に吹き付けてください。

3.ホウキとちりとりで蜂を密閉容器に入れて廃棄する
蜂は死んでからもしばらくの間は人を刺す可能性があるため、素手では触らないようにしましょう。

逃げられないように注意しながらホウキとちりとりで密閉容器に入れ、自治体のルールにしたがって廃棄してください。

駆除する際の注意点

蜂を自分で駆除する際は、刺されるのを防ぐためにも肌を露出する服装や、蜂が向かってくる習性のあるものは避けましょう。

服装は白色で、厚手の長袖や長ズボンを着用するのがおすすめです。

さらに、蜂は甘いニオイや光るものに寄ってくる習性もあるため、ジュースや香水、整髪料や柔軟剤などの甘い香りが強いものや、アクセサリーなど光るものを身につけたり、近くに置いたりするのは避けて駆除作業をしてください。

なお、蜂を駆除するための殺虫スプレーには蜂専用のものもありますが、屋外使用を想定して作られているため、屋内で使用すると家具がビショビショになったり、ニオイが取れなくなったりすることがあります。

そのため、蜂専用の殺虫スプレーを屋内で使用する際は、家具にかからないように注意して噴射してください。

家の中に入ってきた蜂が1匹だけなら殺虫スプレーで自力駆除も可能ですが、蜂の数が多い場合は自分で駆除するのは難しくなります。

その場合は無理をせず、専門の業者に依頼することをおすすめします。

蜂が家の中に入ってこないための対策法

ここまでは、蜂が家の中に入ってくる原因や入ってきた際の対処法について紹介してきましたが、そもそも蜂が家の中に入ってこないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか。

忌避効果のあるものを散布する

蜂を寄せ付けないようにするために、忌避効果のあるものを散布する方法があります。

これは、蜂が嫌がるニオイがするものを散布することで家の中に入ってこられないようにする方法で、一般的には自然由来の木酢液(もくさくえき)や、アロマグッズとして知られているハッカ油が使われます。

蜂が飛んできそうな場所に木酢液や薄めたハッカ油を散布するという簡単な方法ですが、蜂は帰巣本能があるため翌年も同じ場所に巣を作る可能性があることを考慮し、過去に蜂の巣があった場所にも散布することが重要です。

また、散布する範囲が狭すぎると効果が少ないため、特に蜂の巣があった場所は広い範囲に散布するのもポイントです。

ハッカ油スプレーは、市販されているハッカ油の原液約20~30滴と無水エタノール10ml、水90mlを混ぜ合わせて作れますが、ハッカ油の原液はとても刺激が強いため、使用する際は皮膚に付かないように注意してください。

甘いニオイのあるものを置かない

蜂は甘いニオイに引き寄せられる性質があるため、ジュースの缶や甘いニオイのする花をベランダや玄関近くに置いておくと、家の中に入られる可能性が高くなります。

甘いニオイがするものは窓や換気扇、換気口など、蜂の侵入経路になりそうな場所に置かないように注意しましょう。

もしベランダや玄関周辺に植物を置きたいのなら、蜂が嫌がるミント系の植物がおすすめです。

また、甘いニオイのする洗剤や柔軟剤も蜂を引き寄せるため、洗濯物を外干しするご家庭であれば、無香料のものに切り替えるのも有効です。

蜂の侵入経路をふさぐ

家の中に蜂を入れないための対策としては、蜂の侵入経路をふさぐというのも重要です。

換気口やエアコン周辺などは、防虫ネットを活用して蜂が侵入できないようにふさいでおきましょう。

網戸やサッシの破損が原因だと考えられる場合は、網戸を貼り直すなど早めに修理することをおすすめします。

なお、一度侵入経路をふさげば大丈夫と安心せず、定期的に点検することも大切です。

蜂捕獲器を設置する

家に入ってくる蜂への対策として、蜂捕獲器を設置して誘引剤で蜂をおびき寄せる方法も効果的です。

蜂捕獲器は自分で作ることも可能ですが、蜂以外の虫が捕獲される可能性もあるため、大量の虫の死骸を処理しなければいけないことがあります。

虫が苦手な方には向いていない方法だと思いますので、その場合は別の対策方法をお試しください。

なお、注意する点として、設置する際に蜂の巣の近くには置かないことや、処理する際に素手で触らないことがあります。

蜂の巣の近くに置いて大量の蜂が集まってしまうと、かえって危険であることと、毒針を出したまま死んでいる蜂に刺される可能性があるというのがその理由です。

蜂が家の中に入ってこないための対策として4つの方法を紹介しましたが、どれか一つではなく、できる対策はすべて行ない、蜂が侵入しにくい環境を整えるとよいでしょう。

家の中に蜂が何度も入ってくるときは・・・

侵入経路をふさいでも忌避剤を散布しても、繰り返し蜂が家の中へ入ってくる場合は、どのような理由があるのでしょうか。

何度も蜂が入ってくる理由

何度も家の中に蜂が入ってくる場合、家の近くに蜂の巣があるかもしれません。

蜂には帰巣本能があるため、過去に蜂の巣が作られていたところには、翌年以降も巣を作られることが多くあります。

もし、今回紹介したさまざまな対策をしても蜂が入ってくる場合、家の近くに蜂の巣があるかどうか注意深く観察してみてください。

また、家の近くに蜂の巣がない場合は、屋根裏や床下、壁の中など、建物内に蜂の巣が作られている可能性もあります。

こうした場所を自分で調べるのは難しいことや、蜂の巣駆除には危険がともなうことを考えると、プロの業者に依頼したほうが安全かつ確実に駆除できるのでおすすめです。

蜂の巣駆除は専門業者に依頼を!

花にとまるミツバチ

蜂の巣駆除の専門業者であれば、蜂に関する専門的な知識や駆除技術があり、専用の駆除器具を持っています。

蜂の種類や巣の場所を問わず安全に駆除できるだけではなく、蜂の習性なども熟知しているため、完全退治が可能です。

なお、蜂は一度駆除しても、時間を置いて再び同じ場所に巣を作る可能性がありますが、専門の業者に依頼すれば、アフターフォローとして無料で再度退治してくれるところが多くあります。

実績が多く信頼できる業者であれば安心して蜂の巣駆除を依頼できるため、自分で駆除するのは難しいと感じた方や、何度も家の中に蜂が入ってきて困るという方は、ぜひ一度相談することをおすすめします。

また、蜂に関するさまざまな悩みに対して、適切な対処法をアドバイスしてもらうことも可能です。

蜂の巣駆除の相場について知りたい方はこちら

まとめ

家の中に蜂が入ってくる場合、エアコン周辺や換気口などが侵入経路になっている可能性があります。

部屋を暗くして窓を開ける、蜂の苦手なニオイで追い出す、虫取り網で捕まえるなど、家の中に入ってきた蜂への対処法はいろいろありますが、最も確実な対処法は侵入経路をふさいだうえで蜂を駆除することです。

ただし、蜂は1匹だけとは限りません。家の近くに巣が作られている可能性もあるため、安全かつ確実に駆除するには、専門の駆除業者に依頼するのがおすすめです。

どの業者に駆除の依頼・相談をすれば良いのかわからないという方は、「ハチお助け本舗」へご相談ください。365日年中無休、無料でご相談を受け付けております。

⇒1匹のハチ駆除相談でもお気軽に

ハチの駆除 最短5分で手配! ハチの巣駆除・室内のハチ退治 お気軽にご相談ください。 お見積り無料 0120-610-457 0120-688-671